2021年10月17日日曜日

日本志塾「一隅を照らす」コーナーに紹介されました!

 「国際日本人養成講座」主宰者であり、「日本志塾」を創設された伊勢雅臣さんが、日本志塾10月号「和の学び舎」の「一隅を照らす」コーナーで、認定NPO法人信州まちづくり研究会をご紹介して下さいました。ありがとうございます。

伊勢雅臣さんは、私からご紹介するまでもないと思いますが、念のため添えます。

創刊23年の「まぐまぐ!」殿堂入りメールマガジン『国際派日本人養成講座』編集長。「クール・ジャパン」の草分け的存在として、明日の日本を背負う国際派日本人5万人を育てている。昭和28(1953)年東京生まれ。東京工業大学社会工学科卒。製造企業に就職。社員留学制度によりアメリカのカリフォルニア大学バークレー校に留学。工学修士、経営学修士(MBA)、経営学博士(Ph.D.)となる。社業のかたわら、日本国内の私立大学の商学部・工学部で非常勤講師として「産業界の偉人伝」を講義し人気を呼ぶ。平成22(2010)年、海外子会社の社長としてヨーロッパ赴任。ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、ポーランド、モロッコなどを多数訪問。平成26(2014)年より3年間、現地法人社長としてアメリカ勤務。平成29(2017)年より、国内にて執筆、講演活動に従事。筑波大学日本語・日本文化学類非常勤講師。公益社団法人国民文化研究会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


下のURLから御覧ください。

この中に、フランス、イタリアの「美しい村」の認定組織があることが話されていますが、「フランスで最も美しい村」協会と言います。実は、このやり方を日本に導入し、「日本で最も美しい村」連合を創設されたのは、紹介されている本「スマート・テロワール 農村消滅論からの大転換」の著者松尾雅彦さんです。

また、「農村の古い建物をホテルに改装して観光客を呼んでいる」という説明がありますが、それを推進している組織が「アルベルゴ・ディフーゾ・インターナショナル協会」と言います。当NPOの理事石田聖(ひさし:アルベルゴ・ディフーゾ・ジャパン 元理事、アルベルゴ・ディフーゾ・インターナショナル極東支部 事務局員)が活動しています。

「誇りあるすてきな田舎・再生への道:日本志塾」 - YouTube
      (「日本志塾」10月号「一隅を照らす」コーナーより)

下記メールアドレスにご感想など頂ければありがたいです。
yasue@smk2001.com

高校生の皆さんへ!

高校生の皆さん、
認定NPO法人信州まちづくり研究会からお知らせです。

皆さんの将来の職業選択肢の中に、
農・畜産業は入っているでしょうか?

いるかも知れませんが、たぶん、少ないでしょう?

一般的に、皆さんが持っている農・畜産業の情報は
マイナーなイメージのものが多いと思いますので、
無理もありません。

ですが、当NPO「信州まちづくり研究会」では、2016年から、
日本と世界の農・畜産業を研究、視察して、
農・畜産業には、大きな需要と発展の可能性があることが判りました。

皆さんも何となく気がついていませんか?
SDG'sとか、食糧危機とか、環境問題とか、
その要は、農・畜産業です。
そして、先進国は皆農業国です。

まだ多くはありませんが、若いカップルが、
確かな成功を収め、従来の農・畜産業のイメージを覆し、
さらなる発展・拡大に意欲を燃やしています。

やるべきことは判っています。
基礎知識を学ぶこと、
優れた農・畜産業者(社)の下で実習をすること、
海外体験をすること、
などです。

呼びかけのチラシを作りました。
下に、添付しますので、読んでください。

そして、興味が湧いたら、
いつでも、昼でも、夜でも、結構です。
ケイタイでも、メールでも、ください。

心配しないでください。
何の押しつけもなく、お金も要りません。
皆さんの興味に
応じて情報を差し上げるだけです。

当NPOの下記ホームページを見てください。
全てオープンにしてあります。

認定NPO法人信州まちづくり研究会
http://smk2001.com/



































































ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

農家にも消費者にも打撃 視標「コメ先物市場廃止」

農業問題の根底に横たわる何とも情けない現実がここにあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記より引用しました。

キャノングローバル戦略研究所 メルマガより
メディア掲載  グローバルエコノミー  2021.09.09
共同通信 2021年8月14日配信


コメ先物市場の廃止が決まった。自由な価格形成の手段がまた一つ失われたことは、消費者にとって打撃であり、生産者の利益にもならない。農林水産省は高い米価を維持したいJA農協と、これを支持団体とする自民党農林族に敗北した。

先物市場が定着し、農協の価格統制力が弱まれば、米価は下落する公算が大きい。米価に一定割合を乗じて決まる農協の販売手数料も減少する。だが、国内の人口減少が続く中、日本の稲作が生き残るには、輸出を増やすしかない。それには価格引き下げが不可欠だ。この場合の生産者対策としては、欧州連合(EU)のような財政による直接支払いがある。

2005年にコメ先物の試験上場が申請された際、自民党農林族はこれを認めなかった。民主党政権になった11年にやっと期限付きの試験上場が認可された。以来自民党政権下で4回も期限が到来したが、取引低迷を理由に、本上場への移行は見送られてきた。

今回は最後のチャンスとされた。農水省は本上場を認めることに反対ではなかったと報道されている。しかし、衆院選が迫る中、農協の意向を受けた自民党農林族は反対した。

今回、農協や自民党は、主食であるコメを投機の対象としてはならないと主張した。しかし、先物市場の由来や現状を考えると根拠は弱い。

世界で初めての先物市場は、1730年に開設された大坂・堂島のコメ市場だ。この自由な市場は、日本が戦時統制経済に移行した1939年に閉鎖された。現在と比較にならないほどコメが重要だった時代に、200年の長きにわたりコメの先物市場は日本経済の中心だった。農協の主張を認めるなら、今ではコメより重要な原油や通貨の先物取引は廃止すべきだ。

先物取引は、生産者にとって将来の価格変動リスクを回避し経営を安定させる手段である。1俵(60キロ)1万5千円で売る先物契約をすれば、豊作や消費の減少で収穫時の価格が1万円となっても、1万5千円の収入を得ることができる。

逆に価格が上がることも当然あり得るが、先物を利用すれば、卸売業者は上昇前の価格で調達できるため、値上げを避けられる。先物取引では、投機家がリスクを負担することで、生産者や需要者は価格変動リスクを回避できる。

農水省は取引量が少ないから認めないとしたが、コメの流通量の過半を握る農協がボイコットしている以上、取引量は増えない。だが、中国・大連のコメ先物市場は、2年前に開設され取引量は日本の50倍だ。潜在的な需要はあるとみるべきだ。

自民党は、コメの現物市場の創設を農水省に申し入れた。しかし、これは2011年まで存在していた。05年に全農あきた(秋田市)が、この公的な入札制度を利用し、子会社を使った架空取引で米価を高く操作した。この後農協は米価をより確実に維持するため、卸売業者との相対取引に移行し、利用が激減した現物市場は廃止された。

需要と供給を価格に反映させるという市場本来の役割を受け入れない限り、現物市場が機能することもないだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会員からの新情報

 認定NPO法人信州まちづくり研究会 会員各位


会員さんから届いた情報をお届け致します。
他の会員さんも、イベントや特別企画などございましたらお知らせ下さい。



★ 上松や(別所温泉)より

「上松や」会長の倉沢章さんは、当NPOの正会員と賛助会員であり、理事を務め て戴いています。
今年3月に、当NPOと「宿泊・宴席に関する覚書法人契約」を結びました。
当NPO会員ご本人はもちろん、ご家族やご紹介者にもいろんな特典があります。
最新の情報を頂きましたので添付致します。
最近廻りました上田地域の高校の先生方も忘・新年会などでよくお使いになって いることが判りました。
 

★ 第19回 荻原廣高展 のお知らせ

荻原さんは正会員です。スマート・テロワールのシンボルとなる田園風景の油絵 を描いていただいた画家です。

12日より22日まで上田市長瀬(旧丸子町)で行われます。小さなカフェです が、彼と話しながら絵を楽しむことができます。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2021年9月3日金曜日

世界の食料は余ってる!?

下記は、私の友人からのメールに書かれていた文章です。
一般的には、このように思われているのではないでしょうか?


本で読んだ知識ですが、
「農業の発明が、人類による最初の自然破壊」という意 見があります。 
一方、農業の発明で、人類の数は1000万人から1億人にまで増えたということで した。「食べ物の確保量が人口を決める要素」という当然の結果なのだと思います。 
 ゆえに、産業革命は、工業を飛躍的に発展させただけでなく、農業の工業化も促 し、70億人の人口にまで増やした最大の要素といえますね。
 (もっとも、半数が飢えているという指摘もありますが)

ですが、次のグラフ:人口と米・麦の増加率対比 をご覧ください。
年を(クリックすると大きくなります)


このグラフは、FAO(国連食料農業機構)のデータ1970年を100とした指数で表されています。いずれも世界の数値です。
グラフ右の囲みの説明数値は別のグラフのものですから無視して下さい。)
グリーンのラインCereal production は、麦と米の生産量の推移です。
黄土色のラインPopulation は、人口の推移です。

2014年の数値をグラフから読むと、Cereal は280,人口は225ですから、米と麦の生産量は人口の1.24倍増えています。

では、何故、世界で飢餓が発生して見るのでしょうか?

飢餓が発生している国を見て下さい。内戦、圧政で政府が機能していないから、要望も受け入れも配給もできないのです。統治の不良による飢餓です。世界は飢えてるという認識を作り上げているのは、FAO(世界食料農業機構)も世界中の農業政策担当者も飢餓を煽ったほうが予算が取りやすいからです。それに対して、無理に抗議しないのは、油断よりはマシと識者が受け止めているからでしょう。


更に、米国農務省と国連のデータを元に日本の農水省が作成した
「世界の穀物の生産量、収穫面積、単収等の推移」をご覧ください。


説明するまでもないと思います。単収と生産量が伸びるので、収穫のための耕地面積は微増に留まっています。
世界の農業技術の進歩は目覚ましいのです。我が国は全くと言っていいほど遅れています。


遅れを証明しているデータを付けます。
FAO(国連食料農業機関)のデータをグラフ化したものです。

縦目盛りは、10アール当り収穫量。薄い緑は1960年代、
10年ごとの数値で、一番濃いのが2010年代の数値です。
上位10カ国と日本という構成です。

rice  米

wheat 麦

soybeans 大豆

この惨めさは、何故なのか、原因は判っています。
なぜ、政府はこの状況を放置しているのでしょうか?
どなたか教えて頂けませんか?

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★
トップに戻る

2021年8月28日土曜日

なぜ、高校生に農・畜産業を説くのか?

 この文章は、2021年度の当NPO年度計画にある「東信地域内高等学校の生徒に大学或いは専門学校の農・畜産学部に進学することを奨める」方針に基づき、東信地域内21の高等学校に提案させて頂いた理由説明書です。ごく僅かな学校を除いて、好意的に受け止めて下さいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なぜ、高校生に農・畜産業を説くのか?

 2015年から「東信スマートテロワール」(別紙で説明致します)構築の活動を始めました。目指すのは食産業の生産から流通、加工、サービスの循環型構造の構築による地域中核都市(上田市、佐久市、小諸市、東御市)を核とした農村地域の活性化であり、自給率の向上であり、豊かで美しい故郷の再興です。別名は地方創生です。このためには、農村の財産であり、食産業の基盤である農地と里山の使い方をはじめ食産業全般の再構築が必要です。

理由は、昭和時代に米優先の考えで構造改善された農地・営農構造が現在の国際化された食産業事情に対応できず、半世紀にわたり衰退を続けているからです。米と水田は余り、トウモロコシ、麦、大豆、畜肉の8090%は輸入に頼っています。結果、私たちの命の本である食料自給率は先進国の中で最低の38%(カロリーベース)です。食料安全保障は風前の灯火です。

難しいのは、農地・農業・里山への取り組みは個人ではごく限られたことしかできないことです。昭和時代に全国で行った農業構造改善事業のように地域単位の取り組みが必要なことです。

過去5年間、東信地域の公民館等23箇所で説明会を行い、住民の皆さんに改革への取り組みを訴えてきましたが、ほとんど関心をもって頂けませんでした。そして、なぜ、関心をもって頂けないかも判ってきました。

 大きな原因が解りました。悪い人は誰もいません。ただ、誰もこのことを口にしませんが、農業・酪農・畜産に対する「諦めのような空気」が農・畜産業の当事者にも行政にも議会にも漂っていることが判りました。佐久広域食肉流通センター(屠場)の閉鎖決定問題など、このことを証明しています。8年も前に佐久広域議会で、「民間に移転する。ダメなら閉鎖」の方針が決まり、以来ホームページにその改革案が堂々と掲載されていたにも関わらず、赤字補填をしていただけで、関係者が前向きな対策を打たなかったのです。畜産業者も行政もJAも「この問題は誰がやってもうまくいかない。廃止やむなし。畜産消滅も仕方なし」という「空気」です。このことは農業全般にも言えます。これでは地域の農・畜産業の衰退は避けられません。

循環型農畜産業が大切だということは、国連のSDGsにも謳われ、今や常識だと思います。実は、量で米の2倍以上食べている畜肉の飼育が環境循環型農業の要です。私たちは、2015年に「スマート・テロワール 農村消滅論からの脱却論 」(学芸出版社)という本とその著者松尾雅彦氏(カルビー株式会社二代目社長。世界の農業を研究)に会う機会を頂き、上述の「空気」は間違いであり、改革しなければならないことを教わりました。そして、研究会や視察に参加し、日本の各地で、長野県にも、モデル的な農業・畜産経営が行われていることを知りました。実現していたのは専門知識を身につけ世界の農業を経験、或いは意識した農業経営者でした。

私たちは「スマート・テロワール」の理想を、現役の農家の皆さん(専業と兼業)と共に取り組もうと活動してきましたが、先進的な農業経営との考え方のギャップが大きすぎることと、現実の経営が厳しい状況にある為にそれが無理であることが判かりました。

結果として、私たちは優秀な農業経営者を育てることが農業改革への近道だと考えるようになりました。そして、質の高い農業経営者を育てるには大学の農学部で勉学してもらい、モデル農場で実習し、海外体験も必要です。私たちは学生たちをサポートする仕組みも考えています。

 このために高校生に、日本と世界の農業の現実を知ってもらい、日本でも実現している確かな農業・畜産経営のモデルを紹介し、農・畜産業の必要性と大きな可能性を学んでもらい、夢をもって大学の農学部へ進学することを奨めたいのです。

認定NPO法人信州まちづくり研究会

代表理事 安江高亮

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★
Topに戻る

2021年8月19日木曜日

地政学で読み解く中国・韓国の宿命と日本の未来 第4回

 冷泉彰彦さんのメルマガ08/18

『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』より。

日本人では考えられない歴史です!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


地政学で読み解く中国・韓国の宿命と日本の未来 第4回


☆前史を抹殺する朝鮮文化はなぜ生まれたか

 韓国人・朝鮮人は日本人と同じくアジア諸民族の中で、言語の同一性と同質性は比較的高いほうである。それはアジアの国々では、じつにめずらしい。たとえば、九州よりやや狭い面積の台湾はいまでも多言語国家で、私が住んでいた小さな町でも、若いころには、隣近所で言語が違うので、遊び仲間は父母などの通訳を務めるのが日常的だった。

 日本語や韓国語・朝鮮語などの語系については、北方からのツングース語系が語幹となっているという説もあるが、多元多系と考えるのが合理的であり、史実に近い。

 大陸の儒教の影響を受け、さらに易姓革命の理論も受け継いだ朝鮮半島は、王朝が代わるたびに先代の文化・文物を根絶するのが伝統となっていた。しかも宗主国以上に儒教の理想を追い、純化したため、中華王朝以上に徹底していた。

 戦後も、金泳三大統領時代の1995年に朝鮮総督府を爆破解体したことがあった。また、2013年には「日本時代はよかった」と語った95歳の老人を、居合わせた男が殴り殺し、その犯人が国民の英雄となったという事件もあった。

 これらは韓国人の反日意識の強さとして説明されることが多いが、それだけで語るのは、あまり半島の歴史を知らないといえるし、そうした人が多い。

 韓国人が過去の歴史を根絶しようとする執着は、「万邦無比」といえる。ことに李朝時代の廃仏毀釈は1000年にわたる仏教文化を徹底的に破壊し、痕跡さえ残さなかった。茶園の廃絶にしても1本残らず廃棄された。高麗朝の青磁はすべて廃絶され、李朝は白磁しか残していない。

 前朝の王族をすべて根絶するだけでなく、同姓のものでさえ許されなかった。だから姓を変えないかぎり生き残れなかったのだ。

 朝鮮半島では歴史的に「朋党の争い」(宮廷内の内ゲバ)が繰り返されてきたが、李朝の朋党の争いを見ると、負けたほうは一族が皆殺しや流刑に遭うのみならず、奴婢までが運の尽きとなる。現在でも大統領が代わるたびに前大統領が粛清されるため、5年ごとの易姓革命とまでいわれている。

 韓国人の自国の歴史・文化に対する自滅衝動は異常なほどだ。戦後には漢字を廃絶した。そのため、韓国人の若い層は中華王朝の属国時代に書かれた漢文をまったく読めなくなってしまった。韓国の若いハングル世代が自国の歴史を知らないことの一因ともされている。

 秦の始皇帝が六国を征服して中国を統一し(前221年)、各国で使用されている文字の字体・字形を統一してから、唐の滅亡(907年)までは約1100年の間があった。その間、漢字の普及率と拡散力はかなり限定的で、漢人以外にはきわめて不便で、ことに言と文がかなり遊離しているので、欠陥だらけの文字とさえ思われていた。

 そのため、9~10世紀にかけて、日本が仮名を創出したのをはじめ、唐周辺のほとんどの異族は独自の文字を創出し、自国文化を強調する気風が高まった。たとえば、漢字系の文字としてはベトナムの字喃(チュノム)が創出され、表音系の文字として突厥(トルコ)文字などがつくられた。

 唯一の例外は朝鮮で、独自の文字を創出したのはそれから約500年も遅れてのことだった。15世紀になってから、李朝の世宗(在位1418~50年)の時代になってやっと、チベット系のパスパ文字(モンゴル文字)を真似てハングルをつくった。

 他国に比べて独自の文字創出が500年も遅れたのは、李王朝は、宗主国の明・清から「謀反」の恐れがあると思われると考えていたからだ。しかし、せっかく創出したハングルも、中華王朝を敬う両班らに使用を強く反対され、まもなく法的にも使用が禁止されてしまった。両班は特権階級として漢字・漢籍の使用を誇りにしていたからだ。

 しかも、常民や奴婢にとって文字の使用は必要性がゼロに近い。だからハングルは普及しなかった。そのため、ハングルの文化蓄積はほとんどない。ハングルに書き記されるのは、せいぜい民謡や伝説くらいのものしかなかった。韓国の経書も漢文の記録がほとんどだから、「韓風、韓流」は存在しなかった。

 民族文字としてハングルの使用が提唱されはじめたのは、19世紀後半の近代化運動の際であり、それが実際に漢字・ハングル文字混じりの文章として奨励され、学校教育にまで使用されるようになったのは、日韓合邦後に国民教育が普及してからである。つまりハングルを普及させたのは日本だったのだ。
 古代の高句麗語や百済語が絶滅してしまったのも当然だろう。

 現在の北京語は、そもそも満洲人のマンダリン(北京官話)からくるもので、山東語、朝鮮語、満洲語の混合言語である。南方の漢人も北京語は「漢語」の本流ではなく、「胡説八道」「胡語」と「八旗語」の混合語だと主張している。

 一方で、韓国語の歴史としては、三国時代に高句麗語、百済語、新羅語など3国語があり、これらは方言として、李崇寧の『韓国方言史』でとりあげられている。だが、統一新羅の時代から、唐からの唐語、漢語の影響が強くなり、純粋な韓国語は消えてしまい、韓・漢の混合語となった。

 ことに伝統的な地名や人物名も消えて、漢語・漢字語の比重が高くなり、韓国語の中で、漢語の含有率は約70~80%にもなった。

 もちろん、高麗王朝が一時、モンゴル人の大元帝国の支配下に入ると、王室もこぞってモンゴル風の名前をつけるようになった。やがて大元が中原から追い出されて明朝になると、高麗は命運が尽き、1392年に滅んで李氏朝鮮に取って代わられ、王朝も再び漢字の名前のみになった。

 姜信順教授の研究では、現在の韓国語では名詞の約77%が漢字語となっている。もちろん韓国語に含まれている漢字語には、近代日本が創出した和製新造語も多く含まれている。
 和製漢語については改めて説明する。

☆朝鮮民族を呪縛する韓語とハングル文字

 前述したように、戦後、韓国も朝鮮も漢字を全廃してハングルのみの表記に切り替えた。しかし、韓国の以前の歴史文化はほとんど漢字によって記録されているので、伝統文化はほとんどが現代語訳文化か翻訳文化となる。

 しかも韓語には漢字語の含有率が高いため、ハングル文字への転換を行ったことによって、二つの混乱現象が起きた。その一つは、同音異義語の氾濫により、意味内容の違いから、誤解と曲解が日常的になってしまった。しかも漢字語からハングルへの訳語は、ニュアンスが異なるだけでなく、言辞が長ったらしくなるので、いっそう混乱を増幅し、抽象度の高い概念語の理解力と利用率が低下した。

 伝統的固有語を韓語で代用する新韓語も人気がなく、自然消滅している。そもそも韓語は事物を正確に表現できない言語として、科学的表現には向かない言語なのだが、ハングルの専用により、より一層、論理的、科学的思考の発達が阻害されてしまった。

 朴槿恵前大統領も、「韓国人は世界有数の創造DNAをもつ」と自画自賛していたが、結局は「世界の文明、文化、文物はすべて韓国人がつくり、そして教えた」というウリナラ自慢を鼓吹することしかできなかった。

 毎年ノーベル賞受賞者が発表される時期になると、韓国では自国民が受賞できないことを嘆き、日本人受賞者が出るかどうかを異常に気にするという現象が繰り返されており、この現象を韓国人は「ノーベル症」と自嘲している。

 明るい未来を展望できない若者たちの間では「ヘル朝鮮」なる言葉が流行し、韓国人の3分の2が、韓国から脱出したいと思っているという世論調査まである。韓国からの脱走が人生や一家一族最大の夢にもなっている。

 韓国人はハングル文字を「世界一芸術的で美しい文字」「表記できない言語はない」とまで自慢しているが、私が書道家の友人にハングルの書道について確認したところ、見たことがないという。彼いわく、書道における文字の美しさはひらがなが最上だという。

 カギカッコに似ていて、口と縁しかないハングルの創字法は、パスパ文字を真似ただけでなく、配列などの組み立て方は「方塊文字」といわれる漢字を真似た四角形の組立型となっている。つまり、ほとんど独創性がなく、文字として欠陥だらけなのだ。

 私はハングルを自慢する韓国の学者に対して、「いかなる発音も表記できるというなら、日本語の濁音バビブベボを表音してみてくれ。台湾語は八声で、その読み方はラテン語で使用する『教会ローマ字』を使っているが、ハングルでのトーン(八声)や鼻音、音変表記をぜひ教えてもらいたい」などと言うと、たいてい彼らはさっさと逃げてしまうのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー