2018年1月13日土曜日

信州上田里山フォーラム:長野大学にて

長野大学は地域に開かれた大学です。気軽に参加できますので、お出かけください。

NPO法人信州まちづくり研究会は千曲川流域学会の会員であり、この実行委員会のメンバーです。自給圏(スマート・テロワール)構想実現に関わる長野大学との一連のコラボレーションの一環です。

 「SATOYAMAイニシアチブ」とは、環境省がCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)を契機に世界に呼びかけている活動です。


環境省自然環境局「里地里山の保全・活用」http://www.env.go.jp/nature/satoyama/initiative.html

チラシはクリックすると拡大します。



















ーーーーーーーーーーーーーーー

循環型地域社会構築を畜産から考える

特殊な乳酸菌を飼料に添加することにより、飼育・糞尿処理・肉質等が格段に改善されるシステムが10年以上の年月をかけて岐阜県高山市で開発されました。

私たちは視察し、現場を検証し、製品を持ち帰り、試用もしました。開発者の説明が信頼に足るものであると受け止めております。

このシステムの糞尿処理からできるのが「リバイブソイル」という土壌改良剤(堆肥)です。このリバイブソイルをテーマにこの畜産システムをプレゼンいたします。

立科町中央公民館で、1月20日(土)PM5時30分~7時
提案者:比田井章(NPO法人信州まちづくり研究会 理事)
問合せ: 安江高亮 090-3148-0217
参加費無料

農業をやってないから関係ない、と考えないでください。
これは食の問題であり、地域経済の問題あり、循環型社会をつくる問題です。
このことに関係ない人はいない筈です。

参考に、下記「循環型社会の構図」をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
トップに戻

2018年1月6日土曜日

循環型社会の構造

松尾雅彦氏(「スマート・テロワール・農村消滅論からの大転換」著者、長野県「食の地消地産アドバイザー」カルビー株式会社相談役、NPO法人信州まちづくり研究会顧問)が提唱する循環型社会の構図です。

食を除外した循環などあり得ません。食は生物生存の基本であり、自然環境との関わりなしにはあり得ないからです。図をよくご覧ください。一番多く雇用が生まれるのは、加工とサービス部門です。そこで働くのは住民の皆さんです。
この循環を回すのは住民の皆さんです。

クリックすると、拡大します。






ーーーーーーーーーーーーーーー
トップに戻